刀 () 政 賢         昭和時代   東京都青梅市
      昭和六十一年十月日
              

      本造り庵棟、刃長82.6p(2尺7寸3分)、反り2.6p(8分6厘)
     元身幅3.1m、先身幅2.6m、元重ね8o、先重ね6o、表裏に棒樋の彫刻がある。
     地鉄、小板目肌詰み地沸つく。      
     刃紋、小沸付く太直刃、刃中足入り、砂流、葉の働きがある。
     帽子、先、丸く返る。
     茎、うぶ茎、切りヤスリ。


     高野賢一、東京都青梅市沢井住、酒井一貫斎繁政門人、物故。








    外装.白鞘付 
    
しのぎ刀剣美術館