刀 () 光 長 作   美濃千手院      室町時代   美濃国
     
    
本造り庵棟、刃長60.9p(2尺0寸1分)、反り2.0p(6分6厘)
     元身幅2.7cm、先身幅2.5cm、元重ね6o、先重ね4o。表裏に棒樋を角止め。
     地鉄、板目に柾目交じり地沸付き白気る。      
     刃紋、直刃、刃縁締まり心。
     帽子、直ぐに先やや掃けごころに丸に返る。
     茎、少し磨上る。

   
     美濃国赤坂千手院派の刀工で、天文頃に活躍しました。





    白鞘付  保存刀剣鑑定書付
    
しのぎ刀剣美術館