脇差 (無銘) 村 正   初代        室町時代   伊勢国
                    

      平造り庵棟、刃長36.2p(1尺1寸9分5厘)、反り0.8p(2分6厘)
     元身幅2.8m、先身幅2.4m、元重ね6o、先重ね4o、表に素剣と梵字、裏に腰樋と梵字の彫刻がある。
     地鉄、板目木目交じり地沸つく。      
     刃紋、小沸付く互の目乱れ皆焼風、刃中足入り、金線、砂流、の働きがある。
     帽子、先、尖り心に小丸に返る。
     茎、うぶ茎、勝手下がりヤスリ。


     大永頃、初代



 
切羽が1枚不足しています。


    外装.白鞘付 刀剣保存会鑑定書付  説明欄
    
しのぎ刀剣美術館