刀 (銘) 豊州高田住藤原統景     江戸時代  豊後国
        

      本造り庵棟、刃長66.7p (2尺2寸0分)、反り1.4p (4分6厘)、元巾3.0、先巾2.5センチ
       元重ね6、先重4ミリ、全体にしっかりとした造り込み。
       地鉄、小板目詰み地沸付く。      
       刃紋、小沸付くも刃縁締まり心の直刃。
       帽子、直ぐに、先、小丸に返る。
       茎、僅か茎尻が摘まれている。
 
     
       正保頃の高田派を代表する上手な刀工です。
 



      藤代松雄鑑定書付
       しのぎ刀剣美術館