脇差 () 備前長船横山祐則       江戸時代   備前国
       友成五十六代孫.文政十二年二月日
             

        冠落とし造り庵棟、刃長45.0p、反り0.7p、元身幅2.6、先巾2.2p
      元重6、先重2o、京反りで尋常な造り込み。
      地鉄、小板目に木目交じり地沸付く。      
      刃紋、匂い出来、直ぐ焼き出しに丁字乱れ(月見西行)、刃中足入り葉の働きがある。
      帽子、直ぐに、先、丸く返る。
      茎、うぶ、切ヤスリ。
 
     







    外装.白鞘付  保存刀剣鑑定書付
    
しのぎ刀剣美術館