脇差 () 肥前国住人忠吉作       江戸時代(元和頃)   肥前国
                    
       
      菖蒲造り庵棟、刃長38.9p、反り0.4p、元身幅2.8、先巾2.4p
      元重3o 、先重3o、鎬筋の高い造り込み。
      地鉄、板目に木目交じり地沸付く。      
      刃紋、小沸出来のたれ互の目乱れ、刃中足入り、金線と細かい砂流し掛かる。
      帽子、直ぐに、先、尖り調子に返る。
      茎、うぶ、切ヤスリ。
      住人銘は初代と4代目が用いるようですが、4代目は「作」の字を入れないので
      本作は初代忠吉の作品と断定できる作品です。
 









    白鞘付  特別貴重刀剣認定書付 日本刀剣保存会鑑定書付
    
しのぎ刀剣美術館