脇差 () 武州住照重    三代目   江戸時代   武蔵国
                    

        菖蒲造り庵棟、刃長37.3p、反り1.0p、元身幅3.1、先巾2.8p
      元重6、先重4o、表裏に棒樋の彫刻がある。
      地鉄、板目に木目交じり地沸付き肌立つ。      
      刃紋、小沸出来互の目乱れ、刃中足入り、細かい砂流し盛んに掛かる。
      帽子、掃けて返る。
      茎、うぶ、切ヤスリ。
 
     
     俗名は山本源次郎、寛永元年家督相続して三代目照重となり、業物の作者として知られた。






    白鞘付  保存刀剣鑑定書付
    
しのぎ刀剣美術館