刀 () 播州手柄山麓藤原氏繁精鍛作    江戸時代  播磨国
      安永六年八月吉日                     

        本造り庵棟、刃長75.7p、反り1.7p、元身幅3.1、先巾2.8p
      元重7、先重5o、表裏に棒樋を角留めした彫刻が有る。
      地鉄、小板目に木目交じり地沸付く。      
      刃紋、小沸出来太直刃、刃中足入り、細かい砂流し掛かる。
      帽子、直ぐに、先、丸く返る。
      茎、うぶ、化粧筋交いヤスリ。
 
     
     
三木新兵衛、二代目氏繁を襲名、入道して丹霞と号す。








    白鞘付  藤代松雄鑑定書保存鑑定書付  銘刀展出展証
    
しのぎ刀剣美術館