刀 () 菊紋 出羽入道見信法橋藤原光平     江戸時代  武蔵国
                    

      本造り庵棟、刃長71.0p、反り1.3p、元身幅3.1m、先身幅2.3m、元重ね7o、先重ね5o。
     表裏に棒樋の彫刻がある。
     地鉄、小板目肌詰み淡く映り立ち地沸つく。      
     刃紋、匂い出来の丁字乱れ、刃中足入り、明るく冴える。
     帽子、小さく乱れ込み、先、小丸に返る。
     茎、うぶ茎、勝手下がりヤスリ。


     江戸石堂派の重鎮、泰信法橋の名文は見るが、見信法橋名の30歳台の作品は数少ないので貴重である。


    白鞘付 特別保存刀剣証付
    
しのぎ刀剣美術館