脇差 (銘) 三日月 大慶直胤 花押            江戸時代  武蔵国
       文化六年正月元日


      平造り庵棟、うぶ茎、刃長1尺1寸4分、反り2分2厘、身幅広く先反りが付く。
       地鉄、小板目詰み地沸付く。
      刃紋、沸匂いの深い大乱れ、刃中砂流しかかる。
       帽子、先、小丸に返る。 
      茎、うぶ茎、化粧筋違ヤスリ。
      本作は相州伝の見事な出来で、彼が31才当時の作品です。          











  白鞘付     しのぎ刀剣美術館保証品  
   戻る  しのぎ刀剣美術館