刀 () 竹花一貫斎繁久作       平成時代   埼玉県
      昭和六十三年二月吉日
               

      本造り庵棟、刃長72.0p(2尺3寸7分6厘)、反り2.0p(6分6厘)
     元身幅3.4p、先身幅3.0p、元重ね7o、先重ね5o。表裏に棒樋の彫刻がある。
     地鉄、小板目肌詰み地沸付く。      
     刃紋、小沸付くも匂い勝ちの逆丁字乱れ、刃中足入り明るく冴える。
     帽子、乱れ込み、先、小丸に返る。
     茎、うぶ茎、勝手下がりヤスリ。

     
     俗名は竹花久司、昭和24年生まれ、酒井一貫斎繁政門人、埼玉県比企郡滑川町羽尾住。
     新作刀展では優秀賞、努力賞を受ける。




 
    白鞘付  
    
しのぎ刀剣美術館