脇差 () 兼 元         室町時代   美濃国
                     

      平造り庵棟、刃長33.0p、反り1.4p、元身幅2.7m、先身幅2.3m、元重ね7o、先重ね5o。
     表裏にそれぞれ棒樋、護摩箸樋の彫刻がある。
     地鉄、板目肌詰み刃寄り柾がかり地沸ついて白気る。      
     刃紋、尖り互の目乱れ。
     帽子、先、小丸く返る。
     茎、うぶ茎、檜垣ヤスリ。


     三代目と思われる兼元の作品です。








    白鞘付 保存刀剣鑑定書付
    
しのぎ刀剣美術館