刀 () 上総介藤原兼重         江戸時代   武蔵国
                     

      本造り庵棟、刃長70.0p、反り1.3p、元身幅3.1m、先身幅2.4m、元重ね6o、先重ね5o。
     表裏に棒樋の彫刻がある。
     地鉄、板目肌に地沸付き強い。      
     刃紋、小沸付く互の目乱れ、刃中匂い深く足入り、砂流しかかる。
     帽子、先、少し掃け心に小丸く返る。
     茎、うぶ茎、化粧に筋交いヤスリ。















    外装、白鞘付 特別保存刀剣鑑定書付
    
しのぎ刀剣美術館