刀 () 武州住熊谷太郎源重秀         昭和時代  埼玉県
     昭和五拾八年五月日

  
  本造り庵棟、刃長72.7p、反り1.6p、元身幅2.9p、先身幅2.4p、元重ね7o、先重ね6o。
     表裏に二筋樋の彫刻がある。
     地鉄、小板目肌に木目交じり、一部流れ柾交じり。      
     刃紋、匂い口締まり心の来の互丁字乱れ、刃中明るく足入り。
     帽子、乱れ込み、先、小丸に返る。
     茎、うぶ茎、化粧に筋違いヤスリ。

     
     俗名は四分一二三、大正元年生まれ、熊谷市柿沼住、佐藤昭則門人、現代刀展にて入選。










    外装付  
    
しのぎ刀剣美術館