短刀 () 備前国七兵衛尉祐定         江戸時代   備前国
                     

      平造り庵棟、刃長26.1p、反り−p、元身幅2.5p、先身幅2.4p、元重ね7o、先重ね6o。
     地鉄、板目肌に木目交じり地景現れる。      
     刃紋、小沸付くも匂い勝ちの直刃。
     帽子、小丸に返る。
     茎、うぶ茎、切りヤスリ。

     


                            拡大

    白鞘付 特別貴重刀剣認定書付 
    
しのぎ刀剣美術館