脇差 () 和泉守兼定       室町時代   美濃国
                    

        本造り庵棟、刃長53.9p、反り1.1p、元身幅2.8、先巾2.5p
      元重6、先重5o、表に棒樋、裏に二筋樋の彫刻、尋常な造り込み。
      地鉄、板目に木目交じり地沸付く。      
      刃紋、小沸出来直刃、刃中明るく冴える。
      帽子、直ぐに、先、丸く返る。
      茎、うぶ、刃上栗尻、鷹の羽ヤスリ。
 
     







      
      之定の和泉守兼定とは別人です。


    白鞘付  特別貴重刀剣認定書付
    
しのぎ刀剣美術館