刀 () 法華三郎信房         昭和時代   宮城国
                     

      本造り庵棟、刃長62.0p、反り1.0p、元身幅3.1p、先身幅2.5p、元重ね7o、先重ね6o。
     地鉄、小板目肌に流れ杢交じり肌立つ。      
     刃紋、小沸付く小互の目乱れ、刃中足入り、砂流し掛かる。
     帽子、乱れ込み、先、掃け心に返る。
     茎、うぶ茎、化粧に筋違いヤスリ。

   
     昭和42年、宮城県無形文化財指定。八代目。 
刀剣押型

     








    白鞘付 藤代松雄鑑定書付 
    
しのぎ刀剣美術館