短刀 (刀身銘) 正三位有功造併詠
     千種有功
(ちぐさありこと)      江戸時代   山城国
                     

      平造り庵棟、刃長25.0p、反り なし、元身幅2.8m、先身幅2.5p。
     地鉄、流れ柾目肌。      
     刃紋、太直刃に砂流し絡む。
     帽子、掃きかけ。
     茎、うぶ茎、筋交いヤスリ。

     刀身に和歌の彫刻「やきたちは さやにおさめて ますらおの こころますます とぐべかりけり」





    白鞘付 保存刀剣鑑定書付 
    
しのぎ刀剣美術館