短刀 () 月 山          室町時代   出羽国
                     

      平造り庵棟、刃長26.4p、反り なし、元身幅2.3m、先身幅2.0p。元重ね6o
     表裏に棒樋の彫刻。
     地鉄、綾杉肌。      
     刃紋、直調子小互の目交じり。
     帽子、小丸。
     茎、うぶ茎、勝手下がりヤスリ。

     祖先は蝦夷鍛冶という。





    白鞘付 特別貴重認定書付 
    
しのぎ刀剣美術館