脇差 () 若狭守政吉         江戸時代   上野国
                     

      本造り庵棟、刃長37.6p、反り0.3p、元身幅2.9m、先身幅2.7p、元重ね6o。
     地鉄、板目肌杢目交じり、地沸一面につく。      
     刃紋、直刃調子に小互の目交じり、刃中足入り、金線、砂流ししきりに掛かる。
     帽子、大丸。
     茎、うぶ茎、切りヤスリ。

     蟻川氏、沼田の土岐家、後に川越の松平家抱え工。








    白鞘・外装付 保存刀剣鑑定書付 
    
しのぎ刀剣美術館