脇差 ()  近江大掾兼定       江戸時代   岩代国
                             

       本造り庵棟、刃長54.2p 、反り1.0p、元巾2.9、先巾2.6センチ、元重ね7o、先重ね5o
      地鉄、板目、刃寄り柾がかり、やや肌立つ。      
      刃紋、小沸付くも匂い口締まりこころの互の目乱れ、刃中に金線、稲妻、砂流など盛んに働く。
      帽子、のたれ込み、先、丸く返る。
      茎、うぶ茎、筋違いヤスリ。
 
      五代目会津兼定、通称「入道兼定」、保科家の給人となる。










    白鞘付  保存刀剣鑑定書付  全身写真
    
しのぎ刀剣美術館