脇差 () 清 光            江戸末期   加賀国
                             

    
   鵜首造り庵棟、刃長50.0p 、反り1.0 −、元巾2.9、先巾2.9センチ、元重ね7o、先重ね4o
      地鉄、板目流れて柾がかり鉄色は黒づむ。      
      刃紋、古沸出来互の目乱れ、刃中明るく冴えて砂流しかかり足入る。
      帽子、直ぐに、小さく乱れて先小丸に返る。
      茎、うぶ茎、切りヤスリ。
 
      次郎九郎清光の作品で、佐藤寒山博士の鞘書が成されています。












    白鞘付  甲種特別貴重刀剣鑑定書付
    
しのぎ刀剣美術館