刀 () 源 盛利作           室町時代   筑前国
                         

       本造り庵棟、刃長75.1p 、反り2.4p、元巾2.9、先巾2.5センチ、元重ね7o、先重ね5o
      地鉄、小板目流れて柾がかり地景あらわれる。      
      刃紋、直刃、刃中金線、砂流しかかり、足入る。
      帽子、焼き詰める。
      茎、茎尻はうぶ、区送り、切りヤスリ。
 
     











  
    白鞘(本間薫山鞘書)付  第27回重要刀剣指定書付
    日本古刀史所載品
    
しのぎ刀剣美術館