脇差 ()  菊紋 丹波守吉道       江戸中期   山城国
                             

       本造り庵棟、刃長52.7p、反り 0.8p、元巾3.1、先巾2.5センチ、元重ね7o、先重ね5o
      地鉄、小板目に杢目交じり。      
      刃紋、小沸直ぐ焼き出しに互の目乱れ、一部簾刃となる。
      帽子、直ぐに丸く返る。
      茎、うぶ茎、筋違いヤスリ。
 
       京丹波二代の作品と思われる。










    白鞘付  特別貴重刀剣認定書付
    
しのぎ刀剣美術館