刀 () 作州住兼景作       江戸時代   美作国
                          

       本造り庵棟、刃長61.5、反り1.6p、元巾3.0、先巾2.5センチ、元重ね6o、先重ね5o
      地鉄、板目に杢目交じり。      
      刃紋、小沸付くも匂い勝ちの互の目乱れ、表裏の刃紋が良く揃い刃中足入る。
      帽子、乱れ込み、先、掃け心に小丸に返る。
      茎、うぶ茎、筋違いヤスリ。
 
    
      
古刀期の直江志津の末裔で、「業物」の作者として知られています。





    白鞘付  保存刀剣鑑定書付
    
しのぎ刀剣美術館