脇差 () 左近是一    江戸時代   武蔵国
                          

       本造り庵棟、刃長52.8、反り1.4p、元巾2.9、先巾2.4センチ、元重ね6o、先重ね5o
      地鉄、小板目、乱れ映り立つ。      
      刃紋、匂い出来の大房丁字乱れ、刃中明るく冴えて足入る。
      帽子、乱れ込み、焼き深く一枚風。
      茎、うぶ茎、勝手下がりヤスリ。
 
      江戸石堂初代是一の作品です。 刀身押し型










    白鞘付  甲種特別貴重刀剣認定書付
    
しのぎ刀剣美術館