脇差 () 具 衡(ともひら)     室町末期   美濃国
                          

       平造り庵棟、刃長37.3、反り0.7p、元巾3.0、先巾2.8センチ、元重ね7o、先重ね6o
      表裏に棒樋を掻き流す。
      地鉄、小板目良く詰む。      
      刃紋、小沸出来互の目乱れ、刃中砂流働き足入る。
      帽子、先小丸に返る。
      茎、うぶ茎、筋違いヤスリ。
 
      美濃国 良賢派又は室屋派の刀工と云われています。     







    白鞘付  保存刀剣鑑定書付
    
しのぎ刀剣美術館