刀 () 近江守法城寺橘正弘       江戸中期   武蔵国
                          

        本造り庵棟、刃長78.0p、反り1.4p、元巾3.2、先巾2.6センチ、元重8o、先重ね6o
      表裏に掻き流しの棒樋の彫刻がある。
      地鉄、小板目詰み木目交じり地沸付く。      
      刃紋、小沸出来互の目乱れ、匂い深く足入り、刃中、金線、砂流し掛かり明るく冴える。
      帽子、直ぐに、先、小丸に返る。
      茎、うぶ茎、勝手下がりヤスリ。
 
     
      
刀剣押型
      





    日本刀剣保存会優秀刀図録巻−2所載
    白鞘付  特別保存刀剣鑑定書付

    
しのぎ刀剣美術館