刀 () 舞 鶴 友 英 作       江戸末期   河内国
                           

      本造り庵棟、刃長75.9p 、反り1.4p、元巾3.2、先巾2.8センチ、元重ね8o、先重ね6o
      身幅広く中切っ先が伸びて豪壮な造り込み。
      地鉄、小板目。      
      刃紋、小沸出来互の目乱れ、玉焼き、蛙子交じり、刃中明るく冴える。
      帽子、乱れ込み丸く返る。
      茎、うぶ茎、勝手下がりヤスリ。
 
      
      河内国狭山北条家の抱え工、江戸麹町、四谷などでも打つ。
刀剣押型








      時代のうぶ外装です。

    外装.白鞘付  特別保存刀剣鑑定書付
            藤代松雄、優秀作鑑定書付 
    
しのぎ刀剣美術館