脇差 (銘) 水府住正勝作          江戸時代    常陸国
        文久二年八月日

    本造り庵棟、刃長45.6p、反り1.2p、元身幅3.0、先幅2.4p、元重ね7,先重5o。
     地鉄、小板目に木目まじり、良く詰んで地沸一面に付く。      
     刃紋、小沸出来互の目乱れ、刃中、金線、砂流し盛りに掛かり、足いる。
     帽子、乱れ込み、先、小丸く返る。
     茎、うぶ茎、化粧筋違ヤスリ。
 

    












   白鞘付. 時代外装(鍔無し)付
   しのぎ刀剣美術館