脇差 (銘) 大和大掾藤原正則          江戸時代    越前国
        
    本造り庵棟、刃長43.8p、反り1.2p、元身幅2.9、先幅2.7p、元重ね5,先重3o。
     表裏に二筋樋の彫刻。
     地鉄、板目に柾目まじり、地沸一面に付く。      
     刃紋、匂い出来尖り互の目乱れ三本杉風。
     帽子、地蔵帽子。
     茎、うぶ茎、勝手下がり。
 
    









   白鞘付.柴田鑑定書付
   しのぎ刀剣美術館