脇差 (銘) 葵紋.康継以南蛮鉄          江戸時代    越前、武蔵国
        於武州江戸作之

    本造り庵棟、刃長59.2p、反り1.3p、元身幅3.0、先幅2.4p、元重ね7,先重5o。
     表に、草の倶利伽藍龍に梵字。裏に、腰樋に梵字の彫刻がある。
     地鉄、小板目に木目まじり、地沸一面に付く。      
     刃紋、太直刃、足入り。
     帽子、直ぐに、先、小丸く返る。
     茎、うぶ茎、勝手下がり。
 
    四代目の作品。









  
   白鞘付  特別貴重刀剣認定書付 
   しのぎ刀剣美術館