脇差 (銘) 了戒能次作          室町時代 明応頃   豊前国
        
    本造り庵棟、刃長53.4p、反り1.6p、元身幅2.8、先幅2.4p、元重ね6,先重5o。
     地鉄、小板目に柾目まじり、良く詰む。      
     刃紋、太直刃、刃縁ほつれる。
     帽子、直ぐに、先、小丸く返る。
     茎、うぶ茎、筋違いヤスリ。
 
    筑紫了戒は、永享頃を初代に、大永頃の四代まで続いたようです。








   白鞘付.  日本刀剣保存会鑑定書付 
   しのぎ刀剣美術館