短刀 (銘) 源秀明作 大正十四年五月                北海道
       応松原周道氏需

     平造り庵棟、刃長22.8p、反り0p、元身幅2.4、先幅2.0p、元重ね6,先重4o。
     地鉄、小板目柾目交じり詰む。      
     刃紋、互の目丁字、逆かかり刃中足入る。
     帽子、小丸く返る。
     茎、うぶ茎、化粧筋違ヤスリ。
 
    
    胤明の子。生国は近江国、志賀太郎という。室蘭製鉄所刀工。
    刀剣押型    







    写真は拡大してあります。

   白鞘付  保存刀剣鑑定書
   しのぎ刀剣美術館