刀 (磨上無銘)  手  掻                    鎌倉時代    大和国
        
    本造り庵棟、刃長69.2p、反り1.8p、元身幅3.0、先幅2.5p、元重ね6,先重4o。表裏に棒樋。
     地鉄、柾目肌詰む。      
     刃紋、小沸付く直刃、刃縁締まり心。
     帽子、直ぐに、先、焼き詰め心に小丸く返る。
     茎、大磨上茎。
 
    









   白鞘.外装付
   しのぎ刀剣美術館