太刀 (銘) 伯州住広賀作          室町時代    伯耆国
        
    本造り庵棟、刃長68.6p、反り1.4p、元身幅3.2、先幅2.8p、元重ね7,先重5o。
     身幅広めで切っ先が延び、鎬筋の高い豪壮な感じの造り込み、表腰元に棒樋、裏に護摩樋の彫刻がある。
     地鉄、板目、木目交じりて良く練れる。      
     刃紋、小沸出来のたれに互の目交じり、刃中、金線、砂流し働く。
     帽子、直ぐに、先、小丸く返る。
     茎、うぶ茎尻、わずか区送り、切りヤスリ。
 
   








   白鞘付. 刀剣保存会鑑定書付 説明欄
   しのぎ刀剣美術館