刀 (銘) 筑前福岡住守次則定作之     昭和時代    筑前国
       皇紀二千六百二年八月日

    本造り庵棟、刃長64.3p、反り1.6p、元身幅3.1、先幅2.5p、元重ね7,先重5o。
     地鉄、小板目良く詰み無地風。      
     刃紋、匂い締まる互の目丁字乱れ足入り。
     帽子、乱れ込み、先、小丸く返る。
     茎、うぶ茎、突っ掛け折違ヤスリ。
 
   
     俗名は守次清吉、桜井正次門人。















   白鞘. 外装付  正真保証付
   しのぎ刀剣美術館