刀 (銘)  武州住康重     下原           江戸時代    武蔵国
        
    本造り庵棟、刃長63.8p、反り1.0p、元身幅3.1、先幅2.5p、元重ね7,先重5o。
     地鉄、小板目。      
     刃紋、小沸出来のたれ、小互の目交じり。
     帽子、のたれ込み、先、小丸く返る。
     茎、うぶ茎、タナゴ腹型、切りヤスリ。
 
    
     典型的な下原康重の作品です。








   白鞘付.  正真保証付
   しのぎ刀剣美術館