刀 (磨上無銘)  手 掻 包 清       南北朝−室町初期   大和国
         
    本造り庵棟、刃長66.8p、反り1.8p、元巾2.8、先巾2.2センチ、元重ね5、先重4ミリ。
     地鉄、柾目。      
     刃紋、直刃。
     帽子、先、丸く返る。
     茎、磨上。
 
    
    南北朝末期から応永前後頃の作品であると鑑定書に記してあります。








   特別保存刀剣鑑定書付  
   白鞘入り.  しのぎ刀剣美術館