刀 (銘)  薩 州 住 重 信             室町時代   薩摩国
        八月彼岸  

    本造り庵棟、刃長66.3p、反り2.1p、元巾3.0、先巾2.5センチ、元重ね7、先重5ミリ。
     鎬幅が狭く、平地が広い造り込みで、表裏に棒樋の彫刻がある。
     地鉄、板目に柾目まじり、全体に白気心で地沸付きねっとりとした感じとなる。      
     刃紋、糸直刃、小沸付き良く締まる。
     帽子、直ぐに、先、焼き詰める。
     茎、うぶ茎、切りヤスリ。
 

    波平一派は平安時代の行安を祖として、鎌倉時代の物を古波平、以降南北朝から室町時代までを中波平、室町時代以降を末波平と呼ぶ。
    本作は末波平の時代の作品で、重要刀剣指定の同期の貞次やこの重信などが代表格です。    
                         







   特別保存刀剣鑑定書付  
   白鞘入り.  しのぎ刀剣美術館