刀 (銘)  備州長船住横山祐包      江戸時代末期   備前国
       明治年中作     

    本造り庵棟、刃長69.5p、反り1.1p、元巾3.0、先巾2.5センチ、元重ね6、先重4ミリ。
     地鉄、小板目に木目まじり良く詰んで無地風。      
     刃紋、互の目丁字乱れ、刃中に足入る。
     帽子、乱れ込み、先、丸く返る。
     茎、うぶ茎、切りヤスリ。
 

    刀剣押型
                             









   人間国宝.藤代松雄鑑定書付  
   外装.白鞘付.  しのぎ刀剣美術館