脇差  (銘)  相州住広次        室町時代   相模国
          
    本造り庵棟、刃長51.5p、反り1.5p、元巾2.5.先巾2.1センチ、元重ね58、先重4ミリ。
     地鉄、小板目に木目と柾目まじり総体に良く詰む。      
     刃紋、小沸え出来直刃。
     帽子、直ぐに、先、乱れて返る。
     茎、磨上茎、切りヤスリ。

 




   特別貴重刀剣証付  参考追加写真
   白鞘入り.
   しのぎ刀剣美術館