刀  (磨上無銘)  長 船 兼 長     南北朝時代−貞治頃   備前国
          
    本造り庵棟、刃長72.3p、反り2.4p、元巾3.1、先巾2.8センチ、元重ね7、先重5ミリ。
     身幅広めで重ねは厚め、表裏に棒樋を掻き流す。
     地鉄、板目に木目交じり。      
     刃紋、互の目丁字乱れ、刃中足入り明るく冴える。
     帽子、乱れ込み、先、小丸に返る。
     茎、大磨上茎。
     
     
長重の子、長義門人、




   日本刀剣保存会、正真鑑定書付
   外装、白鞘入り.参考写真-1  参考写真-2
   しのぎ刀剣美術館