刀  (銘)  日本国東都住源靖武作之        昭和時代   東京都
          応今井義司氏需 昭和四十三年五月吉日

     本造り庵棟、刃長76.9p、反り2.6p、元巾3.4、先巾2.8センチ、元重ね8、先重6ミリ。
     表裏に棒樋の彫刻がある。
     地鉄、小板目に柾目まじり総体に良く詰む。      
     刃紋、互の目丁字乱れ、刃中足入り。
     帽子、少したるみ心に丸く返る。
     茎、うぶ茎、化粧筋交いヤスリ。
 
    
     俗名「八鍬武」、明治42年山形県生まれ、昭和10年7月上京して靖国の日本刀鍛錬会に入会、池田靖光に学ぶ。
     昭和19年陸軍大臣より靖武の名を贈られ刀匠として独立。
     終戦後は昭和28年より鍛刀を再開。 
刀身押型
 


縁頭.目貫等は新物、鍔は時代の平安城象眼です。
   
   正真保証付.白鞘入り.追加参考写真
   しのぎ刀剣美術館