脇差 (銘)  天  秀   刻印        江戸時代   武蔵国
         
  文政三年八月日

      平造り庵棟、刃長36.9p 、反り1.0p、元巾3.0、先巾2.6センチ、元重ね8o、先重6o。
       表に玉追龍、裏に独狐付剣の彫刻がある。
       地鉄、小板目に木目交じり、良く詰んで無地風。      
       刃紋、互の目丁字乱れ、匂い口締まり心に刃中明るく冴えて足入る。
       帽子、先、小丸に返る。
       茎、うぶ茎、化粧筋交いヤスリ。
 
     
       水心子正秀の晩年銘で、正秀はこの五年後の文政八年九月に七十六歳で没した。


    特別保存刀剣鑑定書付        
    しのぎ刀剣美術館