刀 (銘)   備州長船清光○兵 以下切れ       室町時代   備前国
          天文七年八月日

      本造り庵棟、刃長67.8p (2尺2寸4分)、反り2.0p (7分)、
       元巾3.1、先巾2.5センチ、元重ね6o、先重5o。全体にしっかりとした造り込み。
       地鉄、板目に木目交じり。      
       刃紋、腰開き互の目乱れ、匂い口締まり心に刃中明るく冴えて足入る。
       帽子、乱れ込み、先、尖り心に返る。
       茎、尻を摘む、切に近い浅い勝手下がりヤスリ。
 
     
       この清光は源五郎清光として鑑定されている物です。





    特別保存刀剣鑑定書付         
    しのぎ刀剣美術館