脇差 (銘) 於紀州文殊重国造之          江戸時代   紀伊国
         

      本造り庵棟、刃長56.2p)、反り1.6p、元巾3.0、先巾2.5センチ、元重ね7o、先重5o。
       地鉄、板目流れて柾目がかり地沸付く。      
       刃紋、小沸出来の互の目乱れ、刃中明るく冴えて足入る。
       帽子、直ぐに、先、丸く返る。
       茎、うぶ茎、筋交いヤスリ。
 地刃健全出来見事。
     
       初代重国の実子、金助、重国二代目を継ぐ、紀伊藩抱え工。





    角付き白鞘、金着二重ハバキ、  特別保存刀剣鑑定書付         
    しのぎ刀剣美術館