脇差 (銘) 摂津住藤原吉国            江戸時代   摂津国
         

      本造り庵棟、刃長44.4p、反り0.9p、元巾2.7、先巾2.2センチ、元重ね6o、先重5o。
       地鉄、板目。      
       刃紋、刃縁締まり心に小沸付く互の目乱れ、刃中足入る。
       帽子、浅く乱れ込み、先、丸く返る。
       茎、うぶ茎、筋交いヤスリ。
 
     
      生国は陸奥磐城、俗名は森下孫兵衛、大阪に出て大和守吉道門人となる。
        上野大掾を受領して後に守に転じ土佐藩工と成る。
       本作は大阪での作品で受領前の初期作として貴重な資料であります。



    白鞘、銀着ハバキ、  刀剣保存会鑑定書付         
    しのぎ刀剣美術館