刀 (銘) 肥前国近江守忠吉            江戸時代   肥前国
         

      本造り庵棟、刃長66.4p、反り1.9p、元巾2.9、先巾2.4センチ、元重ね6o、先重5o。
       地鉄、小板目に木目交じり良く詰む。      
       刃紋、小沸出来の直刃。
       帽子、直ぐに、先、丸く返る。
       茎、うぶ茎、切りヤスリ。

     
       六代目忠吉、五代目忠吉の次男、寛政二年六月近江守を受領、文化12年12月没、80才。


    時代菊花紋散鞘訪問差刀拵付、白鞘、金着ハバキ、  特別貴重刀剣認定書付  押し型調書        
    しのぎ刀剣美術館