脇差 (銘)  景 長         室町時代    因幡国
        

      菖蒲造り庵棟、うぶ茎、刃長51.5p (1尺6寸7分)、反り1.5p(4分9厘)、
      元巾2.8p、先巾2.4p、元重ね4o、先5o。刀身腰元に大黒天、裏に梵字の彫刻がある。
       地鉄、板目に木目交じり、柾気もある。
      刃紋、直刃。
       帽子、直ぐに、先、丸く返る。  
      茎、うぶ茎。切りヤスリ 

      



   黒漆塗り鞘脇差拵え、縁頭赤銅石目地萩花図金象眼、目貫猪図、鍔、鉄地木瓜型オモダカ図、小柄人物図金象眼。
  白鞘と外装付.   
  しのぎ刀剣美術館